読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

甲斐谷忍「LIAR GAME」

本・まんが

LIAR GAME (1) (ヤングジャンプ・コミックス)

[物語]素直で何でも信じやすい神崎直のもとに、1億円が届けられる。それは、指定された相手と持ち金の1億円を奪い合い、期日までに1億以上のお金を手元に残すようにとの「ライアー・ゲーム」の始まりだった。すぐに1億円をだまし取られたナオは、「天才詐欺師」に助けを求める・・・

[感想]友人からこの作品を紹介してもらってすぐ連想したのが、福本伸行の「カイジ」シリーズですが、予想通りかなり似ているなという感想。頭脳戦と心理戦をミックスしたゲームの連鎖、不気味な「胴元」、その他の設定がそっくり。でも肝心の「ゲーム」の内容は「カイジ」とはまったく別のオリジナルなので、「カイジ」同様楽しめました。個人的には絵柄はあまり好きではないけど、それを補って余りあるアイデアにページを次々とめくらされました。