読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

山本文緒「プラナリア」

本・まんが

プラナリア (文春文庫)

短編集。近い世代の人々の人生の一部をただ描写しているだけのように見えるのに、なぜかすっとその世界に入り込め、続きを楽しみに読み進めることができました。理由はよくわかりませんが、言葉の端々に、ああこういう言い回しって実際に使ってるし耳にすることもあるよな、という自然さを感じたからかもしれません。

各短編の共通テーマが「無職」であることがわかったのは、読み終えてしばらくたってからでした。