読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

ウィリアム・C・デメント「ヒトはなぜ人生の3分の1も眠るのか?」(1)

ヒトはなぜ人生の3分の1も眠るのか?

当方、昼間に激しい眠気に襲われることが多いのです。中学生のころからずっと。だから授業中はよく居眠りしていましたし、会社でも昼休み時間の昼寝は欠かせません。

もちろん、仕事をしていると昼寝のできない日もままあるわけですが、その場合は薬を使っています。一度お医者に診てもらったことがあって、その時にもらった眠気覚まし薬が命綱です。

さて、そんな具合ですから、睡眠に関する本は見つけ次第立ち読みして、参考になる内容であれば買っています。今回のこの本は、5冊目くらいの購入になりますが、いくつかの新たな発見がありました。一番驚いたのは「睡眠負債」という考え方です。

夜更かしをすれば次の日は起きている間も眠い。それは誰もが体験していることですが、ではその「夜更かし分」(=睡眠負債)はいつまで残っているのか?その問いに、著者は「少なくとも2週間*1」と述べています。2週間!しかも、その負債は、負債分だけ眠らないと取り返せないとのこと。

2週間も負債が残ったままだったら返済は大変だ・・・しかも、負債分をそのまま、割引もなにもなしで眠る必要があるなんて。これはちゃんと「毎日早めに寝るべし」ってことかな。

ちょっと信じがたかったのですが、著者は睡眠障害の研究の第一人者のようで(あの「レム睡眠」の名付け親みたいです)、きちんとした実験から導き出された説であることは間違いなさそうです。

ちなみに、どれくらい夜更かしすれば「負債」になるのかは人によって違います。これは、標準となる睡眠時間が人によって違うためだそうです。

(その他の「発見」と本全体の感想は明日)

*1:その上、実は2週間以上かもしれないそうです。2週間という数字の根拠は、条件の整った環境下での実験がそれ以上の期間行われていないから、というだけのことだからです。