読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

赤瀬川源平「学術小説 外骨という人がいた!」

学術小説 外骨という人がいた! (ちくま文庫)

■紹介下さった方
じぞうさん

■紹介メッセージ
「スコブル滑稽スコブル痛快。スコブル反骨スコブル頑固。ナンセンスでハレンチでキッチュでおゲレツ、度重なる発禁・入獄にもメゲない天下御免のパンク爺・外骨先生の破壊的ワンダーランドへようこそ! 彼の作品は右脳でお読み下さい」

■管理人の感想
痛めつける敵がいても、思わず
快哉を叫びたくなるパフォーマンスを続ける。その
無駄ともいえる表現にエネルギーをぶつけ続ける。今、宮武外骨
比べられる「文字の表現者」って、どれくらいいるのでしょうね