働きバチが子孫を残さないことがなぜ「最も合理的」なのか?-リチャード・ドーキンス「利己的な遺伝子」

「偉大な本とは、読んだ後世界が変わって見えるような本のことだ」という言葉をどこかで聞いたことがあります。その定義に従うとすれば、間違いなく私にとってこの「利己的な遺伝子」は偉大です。生物にとって一番大事なことは何か?生物は何のために存在するのか?という非常に大きな問いについて納得のいく答えを示して…