読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

ゲーム

ナムコ創業者中村雅哉さんを偲んで - 「超発想集団ナムコ」より

ナムコの創立者、中村雅哉さんが逝去されました。80年代のナムコに恋い焦がれた身としては、まさに巨星墜つ、という気持ちです。氏にお会いしたことはありませんが、次の本を通じて追悼したいと思います。1984年、まさにこれから伸びていこうとするナムコ(…

芸術娯楽系のおすすめメモ

当ブログのおすすめメモリスト(芸術娯楽系)。

古今東西のゲームが集結-GAME ON(お台場・日本科学未来館)

東京出張明けの日曜日、友人がこのイベントのことを教えてくれたので行ってきました。

2014年の収穫

今年出会えた素晴らしい作品・製品。作者さんと、作品を世に出してくださった方々に感謝です。なお、以下のリストの作品名は当ブログの該当メモにリンクしていますが、メモを書いていない作品・製品には写真(リンク先はアマゾンの商品ページ)をつけていま…

コンティニューの行き着く先は・・・ドルアーガの塔30周年記念「ドルアーガの塔」研究室Presents“四神降臨祭”

「ドルアーガの塔」ファンイベントで遠藤雅伸さん・小沢純子さんらのお話を間近で伺えたときのこと。

蔵出し音源もオンエア!慶野由利子さん出演:NHK-FM 今日は一日“ゲーム音楽”三昧II(ツヴァイ)

この日の放送でいちばん楽しみだった慶野由利子さんのご出演。ナムコ「ゼビウス」「ディグダグ」などの音楽で知られていて、ゲーム業界初の音楽専門職採用者とも言われている方です。冒頭は聞き逃すわ、録音は失敗するわで私自身のせいで残念な面はありまし…

行ってきました:ノーコン・キッド×ゲームセンターCXカフェ(渋谷パルコPart1)

2014年2月17日(月)までの期間限定カフェ(2月10日は休み)。好きだったドラマ「ノーコン・キッド」に登場した懐かしのゲーセンを再現したコーナーに行きたいなと思っていたら、ちょうど前日に川崎に出張が入ったので行ってきました。参考:パルコ・イベン…

ノーコン・キッド〜ぼくらのゲーム史〜

テレビ東京・番組サイト[物語]1983年、15歳の礼治は父の営むゲームセンターわたなべでハイスコアラー木戸(スコアネーム:KID)と美少女高野と出会う。以後、ゼビウス、ドラゴンクエストII、バーチャファイター2などの名ゲームとともに、三人はそれぞれの…

慶野由利子さんインタビュー

ナムコで「ディグダグ」「ゼビウス」「ドラゴンバスター」などのサウンドを担当されていた慶野由利子さんのインタビュー。東京に遊びに行った際立ち寄ったナツゲーミュージアムで購入した雑誌「シューティングゲームサイドVol.5」に2ページのインタビューが…

ユニクロ ジャパンゲームT ラリーX

月太郎さんのブログで知って(ありがとうございました)買いました。でもこれは、私にとってはラリーXではなくゼビウスです。ゼビウスのも別で出てるけど、こっちのほうがいい!

オリジナルに一番近いゼビウス

ビデオゲームの最高峰といえば、80年代前半のナムコのゲーム。そういう嗜好を持つ私としては、プレイステーションの「ナムコミュージアム」は本当にありがたい存在です。かつてゲームセンターで50円玉を握りしめて1回1回精魂込めてやっていた(本当にそれぐ…

松戸「メクマン」

今日は久しぶりに休みを取って関東へ。まずは以前から噂に聞いていたある店に。20年以上前のゲームがいまだに数多く稼働しているという伝説のゲームセンター、メクマンです。松戸駅を降りて北東へ徒歩5分。店はすぐに見つかりました。1階はメダルゲーム、2階…

2005年の収穫

もうリリースされないと思っていた分、出てくれてうれしかった。スペースハリアー

The Video Game Pianist

唐突に「ゼルダの伝説」の音楽を無性に聴きたくなったので(プレイしたことがないのに音楽がなぜか好き)探していると、The Video Game Pianistの存在を知りました。香港生まれで、現在アメリカの音楽学校でピアノを学んでおり、さまざまなゲームミュージッ…

スペースハリアー

プレイステーション2版のスペースハリアーを購入。うれしい。理由は2つ。まず、単純にこのゲームが好きだったこと。これ、20年前に発表された疑似3Dのシューティングゲームなのですが、ポリゴンのゲームなどとは違う独特のスピード感が刺激的だったんですね…

岩谷徹「パックマンのゲーム学入門」

つい先日、ギネスにも「もっとも売れた業務用ゲーム機」と認定されたナムコのパックマン。その作者がつづる自身の半生と業界の変遷、ゲーム開発秘話、ゲームデザインのビギナー向けノウハウ、そして対談集。1980年代前半のナムコに特別の思い入れがある私と…

ゲームバトン

バトン関係のブームはもう過ぎ去って久しい感じなのですが、今ごろ受け取ります。遅くなってごめん>けんご殿 コンピュータに入っているゲームファイルの容量4MBちょっと。全部某Fコンのエミュレータです。このころのゲームってプログラムサイズがめちゃくち…

ナムコ創業30周年記念タオル

連休の初日は、部屋の片づけで過ごしました。2月の引っ越しでできたダンボールがまだ20箱以上そのままなので、まずはそこから手をつけ始めることに。で、ダンボールとの格闘を数時間へた後、ひょっとしてなくしたかなと思っていたものが見つかりました。ある…

エンデューロレーサー

セガのゲームミュージックアンソロジーをレンタルしました。目当てはいろいろありましたが、一番は「エンデューロレーサー」です。体感ゲーム*1のあだ花的存在だったこの作品。皆を驚かせたデビュー作「ハングオン」、最高に爽快だったシューティング「スペ…

着メロはゲームミュージック

みんさんの2月23日のエッセイより、携帯電話の着メロに関して。 次にはアレンジの話。これは仕事で作った人の責任だけど、時々聞いてて哀しくなるようなものもあります。そんなことになっているとはつゆ知らず、ソノ曲が好きだからと使っている人をみるのは…

同じ会社だけに

高校時代の友人たちと飲みました。毎年2回、もう15年以上続いています。 そこに、今回はちょっと変わったものが持ち込まれました。 ゲーム&ウォッチ「ドンキーコング」。 一世を風靡したあのゲームウォッチの中でも、一番売れたと言われているものです。当…