読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庭を歩いてメモをとる

おもしろいことや気になることのメモをとっています。

自殺率の低い町では赤い羽根募金が集まりにくい?-岡檀「生き心地の良い町」

徳島県海部町(現在は海陽町の一部)は、自殺率が極めて低い町として知られています。実に全国平均の3分の1程度。しかし、隣接する町2つはそうでもなく全国平均程度。つまり「その地域」ではなく「その町」だけの特徴なのです※。

なぜなのか?著者の岡檀さんが実際に海部町に長期滞在し、アンケートや統計分析などではアカデミックなセオリーを守りながら、気持ちはいい意味で「一般人」のまま調査していった結果が本書です。

続きを読む

「真の継体天皇陵」今城塚古墳と今城塚古代歴史館に感じた行政のやる気

このブログでアクセス数が特に多いのがこのメモ。世界最古の王室と言われる日本の皇室の、実在と系譜が確実な最初の天皇といわれる継体天皇についてのものです。

で、そういえば継体天皇のお墓って関西にある、すぐ行けるやん、と気づいたので行ってきました。

続きを読む

日本人の謙虚さが統計に及ぼす影響-本川裕「統計データが語る日本人の大きな誤解」

本川裕さんのサイト「社会実情データ図録」はよしてるの大のお気に入りです。その名の通り、社会の実情をデータとわかりやすいグラフで示してくださる上、考察が非常に興味深いからです。しかもその対象は幅広く更新のペースも長年変わらず安定していて、そういう点でも敬意を表したくなります。そんな作者さんが本を出されているので、サイト同様興味深く拝見しつつ、個人的な意見も加えてみることにしました。


日本人は日本を控えめに評価している

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/images2/8016a.gif
引用元:図録▽日本を世界はどう見ているかから「世界評価と自国評価の違い」

イギリスBBCによる世界世論調査をもとに本川さんが作成されたグラフです。ある国に対し「世界にプラスの影響を与えているか、マイナスの影響を与えているか」を評価したものです。他国民による評価と自国民による評価の両方があります。

このグラフに出ている12カ国の内、日本が他国から「世界にプラスの影響を与えている」と評価されている順位がドイツ、カナダ、英国に次ぐ4位と比較的高評価なのは日本人としてうれしいです(後述しますが、日本は評判上位の常連国です。)。

さて、このグラフからは、日本だけの特徴として「『自分の国が世界に対してプラスの影響を与えている』と評価する人の割合が、自国民より他国民の方が高い」ことがわかります。この点を見ると、日本人は他国の人に比べ、自国を控えめに評価しがちで、謙虚であるといえそうです。

このことを、他のデータと一緒に考えてみます。

続きを読む

西洋人と東洋人の物のとらえ方はなぜ違うのか - リチャード・E・ニスベット「木を見る西洋人、森を見る東洋人」


西洋人と東洋人の物のとらえ方ってけっこう違うそうです。どんなふうに違うのでしょう?そして違いが生じる理由は何?

続きを読む

私の「ニューシネマパラダイス」が閉店するとき - 2016年8月再生回数上位曲

幼稚園に通っていた頃、引っ越しました。そのすぐ近くに本屋さんがありました。

そこはすぐに私の遊び場、そして学校になりました。特に小学生の頃は文字通り毎日足を運び立ち読み三昧。でも何も言われないどころか歓迎してくれました。もちろんそれなりに買ってもいたからですが。

昆虫図鑑、古代文明本、ドラえもん、シャーロック・ホームズ、手塚治虫、マイコン雑誌、FM雑誌、ジョジョの奇妙な冒険、村上龍作品・・・私の現在の関心の源、そのほとんどとここで出会えました。

20代半ばに一人暮らしをはじめてからはこのお店に通うことはなくなりましたが、このお店で出会えたものは私の血肉、身体の一部でありつづけました。ごくたまには足を運んで昔のように本を買うこともありました。



40代も半ばになり、このお盆に実家に帰り車でお店の前を通りすぎたとき、お店のドアに小さな張り紙があるのを見つけました。

f:id:yositeru:20160906063000j:plain

続きを読む